婦人

美容と健康の両方に効果を与えてくれる酵素サプリを摂取しよう

体の不調を乗り切る

頭を押さえるウーマン

ホルモンバランスが原因

更年期障害は、ホルモンバランスが乱れることでおこる、さまざまな体の不調です。女性の場合は、閉経する50歳前後におこり、女性ホルモンの分泌量が減ることで、自律神経の働きが乱れます。更年期障害の症状は、体のほてりやのぼせ、突然大量の汗が出るなどの、身体的な不調が起こります。イライラしたり不安になるなどの、精神的な症状もおこり、不眠症になる人もいます。症状の重さや、どんな症状が現れるかは人それぞれで、ほとんど症状を感じない人もいます。30代や40代の若さでも、更年期障害に似た症状が出る人もいて、若年性更年期障害やプレ更年期といわれています。更年期障害の症状を改善するための薬があり、医療機関で処方してもらったり、薬局などで市販の薬も購入できます。

ストレスを解消する

更年期障害は、ストレスが多い環境だと症状が悪化しやすいので、ストレスを上手に解消する工夫をすると、症状を緩和できるメリットがあります。年齢的に、子供の独立や親の介護などと重なることが多く、日々の忙しさやストレスを感じがちなので、上手に気分転換をしたり、ゆっくり休む時間を作ることが大切です。更年期障害の治療方法は、減っている女性ホルモンを、ホルモン注射で補充するホルモン補充療法や、漢方薬を使った漢方療法などがあり、体調に合わせて薬を利用する工夫をすると、症状を緩和させることができます。市販の薬には、血行を良くしたり、自律神経を整える漢方薬や、ビタミンEなどの栄養素が含まれています。更年期障害の症状は突然おこるので、症状がひどい場合には医療機関を受診して、ほかの病気が隠れていないかチェックすることも必要です。